チェックバーの口コミランキング(一休レストラン)

ハイアットリージェンシー

2008年07月22日

2007年日本ホテル宿泊客満足度調査、1泊3万5000円以上部門ではザ・リッツ・カールトンが1位
2007年12月10日10時27分

 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D.パワー アジア・パシフィック(以下、J.D.パワー)は、2007年日本ホテル宿泊客満足度調査の結果を発表した。その結果、ホテルの宿泊客満足度は、ザ・リッツ・カールトン、アソシアホテルズ&リゾーツ、ロイヤルパークホテルズ、リッチモンドホテルズ、ドーミーインが各部門で第1位となった。

 同調査は、日本全国のホテルグループ・チェーン131ブランドを対象に、宿泊者のホテルでの経験やサービスに対する満足度を調べるもので、全国の18歳以上の男女を対象にしている。昨年に引き続き2回目となる今年は、直近1年間に宿泊したホテルについて今年9月〜10月にかけてインターネット調査を実施し、総計2万9083人から回答を得た。

 今年から、ホテルの提示する正規宿泊料金や客室面積をもとに「1泊3万5000円以上」、「1泊1万5000円〜3万5000円未満」、「1泊9000円〜1万5000円未満」、「1泊9000円未満」の4つの部門に分け、それぞれにおける宿泊客満足度を測定した。

 顧客満足度の測定にあたっては、「料金」(客室料金、通話料金、F&B料金など滞在中に費やした費用全体の評価)、「客室」、「ホテルスタッフ」、「ホテル施設」、「チェックイン/チェックアウト」、「F&B(料飲施設)」、「ホテルサービス」(レジャー、フィットネス施設、スパ、ランドリーサービス、ビジネスセンターなどホテルの附帯施設やサービス全体の評価)、「予約」(電話およびウェブサイトを通じてホテルグループ・チェーンに直接行った予約の評価)の8つのファクター(要素)における複数の詳細項目に関する宿泊客の評価をもとに、宿泊客満足度スコアを算出した(1000ポイント満点)。

 「1泊3万5000円以上部門」では、ランキング対象となった13ホテルグループ・チェーンのうち、ザ・リッツ・カールトンが昨年に続き2年連続1位となった。総合満足度スコアは771ポイントだった。ファクター別の満足度評価をみると、8つのファクター中6つで当部門トップの評価を得ている。とくに「客室」、「ホテル施設」、「スタッフ」の満足度が高く、ハード面、ソフト面両方における総合力の高さが評価されている。第2位には、昨年に続き帝国ホテルが入った(750ポイント)。すべてのファクターで、部門上位3位以内の評価を得ている。第3位はハイアットリージェンシー(722ポイント)、第4位はウェスティン(721ポイント)、第5位はブライトンホテル(719ポイント)だった。今年の同部門の平均スコアは705ポイントとなった。

続きを読む


1泊3万5000円以上の超高級ホテルブランドでは
【1位】ザ・リッツ・カールトン
【2位】帝国ホテル
【3位】ハイアットリージェンシー
【4位】ウェスティン
【5位】ブライトンホテル
の順位とのことです。

ちなみにですが、ランキング資料内に注意書きとして
コンラッド、フォーシーズンスホテル、グランドハイアット、マンダリン・オリエンタル、スイスホテルは少数サンプルのためランキングには含まれていません。

とありました。




hotelbar│コメント(0)トラックバック(0) 

2007年05月04日

ホテルバー評価 3つ星



ハイアットリージェンシー東京(旧センチュリーハイアット東京)3Fの『Eau de Vie(オードヴィー)』に行ってまいりました。


他にお客様が誰もいないタイミングでお店に入っていくのは少し緊張しますね。
その緊張感をどのようにやわらげるか、ということもプロの技かも知れません。
お客様を大切にする心(VIPのように接する心)と、お客様をなごませようとする精神は両立が可能、というより実は繋がっているのだと思います。

なれなれしさは嫌われてしまうのでしょうが、程よく間合いを縮めるようなことができるとファンも増えるのではないでしょうか。

※2007年10月1日、センチュリーハイアット東京は、ハイアット リージェンシー 東京に名称が変わりました。

hotelbar│コメント(0)トラックバック(0) 
▼ホテルバーガイドをお気に入り追加
「ctrl + D」でもOKです!
▼ブログランキング
リンクリックブログランキング
ブログランキング
ランキングはこちらをクリック!


  • SEOブログパーツ
▼お問い合わせ
お問い合わせ、ご意見・ご感想等はこちらよりお願い致します。
  • ライブドアブログ